バナー

多様化して魅力的な職場になっている保育士の求人

待機児童の問題が全国的にあります。

日本は少子化に向かっているのですが働く女性が増えていいるので、これからも保育所などの施設を増やす必要があるのです。

待機児童の問題は保育所を増やせばそれで解決ということではありません。そこで働く保育士の不足も問題になっています。



そのため保育士の数の基準に満たない無認可保育園が多くなっています。

子供を預ける親からすると無認可保育園には不安が多いのですが、仕事をやめるわけにもいかないので設備が不十分な施設に預けざるをえないということもあります。

保育士として働いている人でも結婚出産と同時に辞めていかれることがあります。
これも保育士不足の問題になっています。

自治体では復職を後押しする制度を設けているところもあります。

保育所の仕事はとても大変なので辞めてしまわれる人もおられます。



ハードな仕事に割には給料が少ないということも問題になっています。

これらを改善するために国や自治体によって給料の改善が行われています。


また働き方も多様化していて短期間、短時間の仕事の求人もあります。

子育てが一段落して再び働きたい、しかしブランクがあるので不安が大きいという人用の求人もあります。いろいろな働き方の求人は増えているので魅力的な職場になりつつあります。
これから保育士を目指したいという人もおられるでしょう。

資格を取るには大学、短大、専門学校があります。

それだけでなく自宅で学べる通信教育もあります。