バナー

保育士の求人条件の向上と今後の見通し

保育士不足が全国的な問題になっています。

国会でも取り上げられ、処遇改善を行うことが喫緊の課題となってきました。


保育士不足の一番の問題は、処遇の悪さです。

特に賃金の低さから、若い人が別の仕事を求めてしまう傾向が顕著だと言われています。


保育士の求人を出してもなかなか応募すらしてもらえないケースも少なくありませんでした。

しかしながら、ようやく国や地方自治体でも処遇改善を行わないと、なかなか待機児童の問題の解決には至らないとみて、動き出しています。



賃金の上昇を行うことで働きやすい環境を作り出し、求人にも応募してもらえるようにすることで現場の人材不足を解消することに繋げていくわけです。

このことで、求人条件がよく自分に合ったところの選択肢を見付けることが出来るようになると見られています。

今まではほぼ横並びで賃金などの処遇が悪かったために、そもそも応募すらしてもらえないという話しでしたが、今後は違います。

同じように処遇改善に取り組んでいるところ同士で、人材の確保、競争が激化すると考えられています。



横並びで処遇改善をするだけでは、なかなか求人に応募するには至らないです。



しかしながら、そこに少しプラスアルファの部分を付け加えるだけで、応募してみようかという動きに繋がります。


正規職員にしろ非正規職員の保育士にしろ、こうした対応が出来るところか否かで、今後の人材確保の明暗を分けるようになると見られています。